近年では戸建住宅だけでなく、マンションやアパートといった賃貸で生活する人が増えており、これらは1人暮らしにおいて手軽であると同時に、勤務地が変わりやすいなど頻繁に引っ越さなければならない事情の場合に適しています。

しかし、賃貸の物件は部屋ごとで契約条件が全く異なっており、間取りや日当たりを始めとして立地条件などにも注意しておく必要があります。



原則として賃貸物件は戸建住宅とは違い、部屋を借りている状態のままで生活することになるため、予めフロアコーティングの施工されている部屋を選択しておくと安全性が高まります。

床材にフローリングなど天然の板材を使用している物件の場合、家具の移動や落下及び水分をこぼすといった事故が発生した際に床材を痛めてしまう危険性が想定され、トラブルの原因となることも考慮しなければなりません。



フロアコーティングは床の傷を予防できる代表的な技術とされており、高性能なコーティングを施せば水分や薬品に対する十分な保護性能を得られ、汚れた際でも簡単に掃除が済ませられるなどのメリットが生じます。
また、賃貸物件によっては管理人へ許可を得れば入居者側でフロアコーティングを施工できる物件が存在し、長期間住むことが確定している状況下においては導入するのも1つの選択肢といえます。



戸建住宅とは異なり、転居時は完全に手放すこととなってしまうため、自身でフロアコーティングを導入する際は計画性が求められます。